社員からのメッセージ

データオペレーション部

臨床開発におけるデータマネジメント(DM)業務の貢献

2010年 入社
(新卒入社)

私達は患者さんのために一日でも早く良い医薬品を届ける事を使命に日々データと向き合っています。医薬品を患者さんに届けるためには、厚生労働省へ製造承認申請を行い、承認取得することが求められます。その中で、申請に用いるデータを収集するシステム(EDC)の構築と、収集したデータを世界標準の申請データ(SDTM)に変換する業務が私の2大業務です。いずれもプログラム言語を巧みに操る技術を必要とし、専門的な技術を大いに発揮できる職種です。

患者さんへ早く医薬品を届けるためには、臨床試験期間の短縮と共に髙品質な申請データが欠かせません。私たちはEDC構築を通じてデータ収集の効率化による試験期間短縮と同時に、品質向上を目指して日々工夫を凝らしています。さらにもう一つの業務であるSDTM作成では、その品質が試験さらには中外製薬の品質となるため、緊張感を持ちながら責任を果たしています。自分たちの作成したデータにより承認取得できた瞬間は充実感と共に、社会に貢献できる幸せを感じることができます。

DMは自分の得意な専門的技術を駆使しながら、社会に貢献できる非常に恵まれた職場だと思っています。

成長する機会が充実している職場

自分がどう成長したいか自分の目指す姿を自律的に考え、その姿を実現することが可能な環境です。自分の目指す姿を踏まえた上で、業務担当や役割の任命がなされるので、自分の希望を明確に上司へ伝える事で、社内プロジェクトへの参加や自己啓発研修への参加が可能です。自分が積極的に成長を志向すれば、それに応えてくれる制度が充実していると言えます。

さらに、臨床開発を担う一員として幅広い視野が必要であるため、日々の業務以外にも様々な外部活動を通じて成長を図っています。業界団体やシンポジウムへの参加を通じて新しい技術や最新情報の収集を行っていますが、情報として知るだけでなく得られた情報を社内にフィードバックし、業務にどのように結びつけるか議論することも行っています。そうすることで自分だけでなくチームメンバー全体の成長にもつながっています。

業務としては求められることが高度で専門技術が必要であるため困難なこともありますが、社会貢献に加え、自分の成長が実現できるやりがいのある職場です。

データオペレーション部

やりがいのある仕事

2005年 入社
(キャリア入社)

私は入社以来データマネジメント業務に従事しています。

データマネジメントは、臨床試験に携わる多くのメンバーと密接に連携して臨床試験データの品質を管理する役割を担うとてもやりがいのある業務です。

新規領域で特有のデータがある場合は、関係者とデータの取得方法について議論をする必要があり、臨床試験実施部署メンバーとデータマネジメント部署メンバーの双方がWin-Winになれるよう個人の力量が求められます。最善を尽くした結果、携わったメンバーから頼りにされたり感謝されたりした時が、この仕事をしていてよかったと思える瞬間です。

働きやすさとキャリアの両立

CCRCではダイバーシティの考えが浸透していて、様々な働き方が認められています。フレックス勤務や育児・介護による時短勤務制度、在宅勤務制度もあり、個人のライフイベントに応じた働き方が選択可能で、仕事がしやすい環境になっています。育児休職等を経ても休職前と同様に活躍しているメンバーがいることも会社の強みです。

キャリアアップについても相談に乗ってもらえる環境があり、研修は社内外で広範囲にわたり充実していて、働きながらなりたい自分に近づくことができます。

データオペレーション

トップに戻る